牧水年譜

明治18年(1歳) 八月二十四日、現在の日向市東郷町坪谷に若山立蔵、マキの長男として生まれる。三人の姉が考えた「繁」と命名。
明治23年(6歳) 二月、医師である父立蔵が隣村(現 美郷町田代小川)に招かれ、一家で転居。
明治25年(8歳) 四月、田代尋常小学校に入学するが、ほとんど登校せず。その後、東郷村羽坂尋常小学校に転校するも同じく。秋頃、一家は田代から坪谷に戻り、坪谷尋常小学校に転校。
明治29年(12歳) 三月、坪谷尋常小学校を卒業。当時の尋常小は四カ年であった。
五月、延岡高等小学校に入学。父の知人宅に下宿する。優れた文章家であった日吉昇訓導のもと、文学に親しむ。
明治31年(14歳) 三月、母、親戚らと金比羅参りと大阪見物に行く、初めての長旅。
明治32年(15歳) 三月、高等小学校三年を修業。
四月、開設されたばかりの県立延岡中学校(現 延岡高等学校)に入学。寄宿舎生活を始める。詩歌を深く愛する山崎庚午太郎校長の影響を受ける。
明治34年(17歳) 二月、「校友会雑誌」が発刊され、和歌三首などが掲載される。
四月、第三学年に進級。寄宿舎を出て、同級生の大見達也宅に下宿する。大見から投書を教わり、さっそく文章を投稿したところ入賞し、周囲を驚かせる。この頃「桂露」と号する。
明治35年(18歳) 二月、級友と文学研究グループ「曙会」を起こし、回覧雑誌「曙」を発刊。
六月、雑誌「新声」に短歌が初掲載される。この頃の選者は金子薫園。
九月、短歌専門の「野虹会」を新たに起こし、回覧雑誌「野虹」を発刊。
十一月、阿蘇登山の修学旅行に参加。この年、多くの文芸雑誌に散文や短歌、俳句などを盛んに投稿した。学内では文学のリーダーとして短歌添削などを行っていた。
明治36年(19歳) この頃から「野百合」と号する。五月、新任の英語教師、柳田友麿から文学に専念するよう勧められる。
秋頃から「牧水」の号を使い、「新声」等への投稿が増える。
十二月、校長から早稲田大学進学を勧められる。
明治37年(20歳) 家族を説得して早稲田大学入学を決意。三月、延岡中学第一回生として七番目の成績で卒業。
四月、上京。早稲田大学英文科高等予科に入学。二十二日、埼玉県神米金にある祖父の生家を訪ねる。
五月、「新声」の選者をつとめる尾上柴舟を訪ねる。
六月、教室で北原白秋を知る。
九月、牛込区の下宿で白秋と同宿を始める。
明治38年(21歳) 一月、尾上柴舟を中心とした短歌会「金箭会」に参加。文学活動が本格的に始まる。
六月、高等予科の課程を修了して帰省。
九月、英文科の本科生となる。
明治39年(22歳) 春頃、同級生六名と「北斗会」を結び、小説の創作批評を行う。
六月、坪谷に帰省、途中友人の恋愛問題に関わる中、園田小枝子を知る。
若山家は父の事業失敗から零落していた。
明治40年(23歳) 春頃、上京した園田小枝子との交際が始まる。二人で武蔵野などに出かける。
六月、中国地方を歩いて帰省。途中岡山県の二本松峠付近で「幾山河」の歌を作る。
十月、「新声」の編集に携わる。同誌に盛んに歌を発表し、文壇の注目を受け始める。この頃から文学者として身を立てることを決意する。
十一月、日向市細島出身の日高秀子が二十四歳で死去。
十二月、小枝子と千葉県の海岸へ出かけ越年。恋の歌を多く作る。
明治41年(24歳) 雑誌「東亜の光」に小説を発表。初めて原稿料をもらう。
四月、小枝子と百草園に出かける。小枝子との結婚を考え始める。
七月、早稲田大学を卒業、同時に第一歌集「海の声」を発表。小枝子との恋愛がこじれ始める。
秋頃、雑誌創刊を考え奔走する。
明治42年(25歳) 恋愛問題はさらに深刻な状態に。新雑誌も資金難から行き詰まる。
一月、千葉の布良海岸に出かける。
七月、中央新聞社に入社するが、年末で退社。
明治43年(26歳) 一月、第二歌集「独り歌へる」を発表。前作に続き文壇からは問題にされず、大きく落胆する。
三月、編集者として雑誌「創作」を創刊。文芸総合雑誌として全文壇の注目を集める。
四月、第三歌集「別離」を発表。好評を博し、注目歌人となる。文学面は好調であったが、小枝子との関係は泥沼と化し、苦悶の日々が続く。やがて文学活動にも支障を来しはじめる。
九月から十一月まで「創作」の編集を友人に任せ、山梨、長野への長い旅に出る。
明治44年(27歳) 夏頃、太田水穂宅で太田喜志子に出会う。
九月、第四歌集「路上」を発表。「創作」は版元と意見が合わず廃刊。平賀春郊らと新雑誌創刊を目指して奔走する。
十二月、生活のため、やまと新聞社に入社。月給は二十五円。
明治45年(28歳)
大正元年
一月、やまと新聞社を退社。新雑誌創刊に命運をゆだねる。
三月、長野に出かけ、太田喜志子を訪ね結婚を申し込む。
四月十三日、石川啄木の臨終に立ち会う。
五月、太田喜志子と結婚。酒屋の二階で新婚生活が始まる。結婚は親しい友人にも内緒にしていた。雑誌「自然」を創刊するが、資金難から一号きりで廃刊。
七月、父危篤の報を受け帰郷。父は中風だったが大事に至らず。
九月、第五歌集「死か芸術か」を発表。故郷にとどまるか東京に出て行くか、激しく苦悶する。心身共に疲弊した中、破調の歌が多く作られる。
大正2年(29歳) 二月、母から上京の許可が下りる。諸処の準備をして五月に出郷する。
四月、喜志子の実家である長野県で長男が誕生、旅人と命名する。
六月、東京に到着、妻子を呼び寄せる。
八月、「創作」を復刊、第二期となる。
九月、第六歌集「みなかみ」を発表。破調の歌が論議を呼んだ。
大正3年(30歳) 三月、「創作」誌友大会を開く。
四月、第七歌集「秋風の歌」を発表。
十一月、喜志子が腸結核で入院。
十二月、「創作」の経営は芳しくなく、年末を以て他誌と合併。
大正4年(31歳) 喜志子は退院したが医師から転地療養を勧められ、神奈川県三浦半島に移居する。
七月、「創作」の代替として太田水穂が「潮音」を創刊。牧水も短歌や散文を寄せる。
十月、第八歌集「砂丘」を発表。
十一月、長女誕生、「みさき」と命名する。
大正5年(32歳) 三月、宮城、岩手、青森など東北各地へ出かける。初めて馬に乗る。
六月、第九歌集「朝の歌」を発表。散文集「旅とふる郷」を発表。
十二月、「創作」の復刊を決め、三浦半島から東京に戻る。
大正6年(33歳) 三月、「創作」が復刊、第三期となる。
四月、坪谷からマキが上京し、一ヶ月滞在する。
八月、秋田、新潟、長野に出かけ、初めて妻の実家を訪ねる。喜志子との合著歌集「白梅集」を発表。
十一月、秩父を旅し、百首の歌を作る。
大正7年(34歳) 一月、加藤東籬と鎌倉を見物。その後、土肥温泉に遊ぶ。
四月、次女誕生、「真木子」と命名する。
五月、第十二歌集「渓谷集」を発表。同月、比叡山の山寺に篭もり、さらに大阪、奈良、和歌山を経て熊野勝浦を巡る。
七月、第十一歌集「さびしき樹木」を発表。散文集「海より山より」を発表。
大正8年(35歳) 一月、元旦より千葉県の犬吠埼に出かける。この年は頻繁に旅に出ている。
三月、信州伊那地方に出かける。歌会の出席。
四月、上州磯部鉱泉に出かけ、十日ほど滞在。
五月、昼食中に旅に出かけたくなり、あわてて準備。榛名山をめざし、頂上湖畔に泊まる。
六月、友人に誘われて千葉の潮来方面へ。鹿島神宮に参拝、筑波山にも登る。
八月、再び千葉へ。九十九里の海を眺める。
九月、紀行文「比叡と熊野」を発表、同月、門下生と浅間山麓にある星野温泉へ出かける。
十一月、童謡・童話雑誌「金の舟」が創刊され、選者として多くの童謡を発表する。
十二月、千葉県大原海岸に出かけ、海の歌を作る。
大正9年(36歳) 二月、天城を越え、湯ヶ島に遊ぶ。
八月、「創作」の経営を長谷川銀作に任せ、静岡県沼津に転居する。
十二月、「批評と添削」を発表。貧困に苦しんだ一年だった。
大正10年(37歳) 8三月、第十三歌集「くろ土」を発表。
四月、次男誕生、「富士人」と命名する。
五月、岡山の歌会に出席。平賀春郊と邂逅する。その後、神戸、大阪、京都を散策。坪谷に帰省する予定だったが、それまでの痛飲で体調を崩し、あきらめて沼津に戻る。
七月、紀行文「静かなる旅をゆきつつ」を発表。
九月、長野県の白骨温泉に出かける。そこから上高地、飛騨高山、木曾を巡る。
大正11年(38歳) 三月、伊豆の湯ヶ島温泉に三週間ほど滞在。ヤマザクラの歌を多く作る。
六月、「創作」の経営を、再び手に戻す。
十月、群馬、栃木各地を巡る「みなかみ紀行」の旅に出る。
大正12年(39歳) 一月、土肥温泉に行き、歌集の編集を行う。
四月、「創作」社友大会を沼津で開く。
五月、第十四歌集「山桜の歌」を発表。
七月、愛知県の鳳来寺山に出かける。
九月、関東大震災で東京が壊滅的な被害を受ける。
十月、御殿場から河口湖、八ヶ岳山麓を歩き、松原湖畔に泊まる。
大正13年(40歳) 三月、長男旅人を伴い坪谷に帰る。父の十三回忌法要を営み、母を連れ立って沼津に戻る。マキは一ヶ月ほど滞在して帰郷。
五月、童謡集「小さな鴬」を発表。
七月、紀行文「みなかみ紀行」を発表。
大正14年(41歳) 揮毫行脚に終始した一年。
二月、千本松原の土地五百坪を購入。資金集めのため各地に出かけ、半折会を行う。
十月、家が完成する。同月末、妻と共に九州各地に出かけ、半折会を行う。坪谷に帰省した後、母を連れて別府に行き保養する。
大正15年(42歳)
昭和元年
五月、文芸雑誌「詩歌時代」を創刊。文壇の評価は高かったが、資金難から六号で廃刊。多額の借金を負う。
六月、浜名湖方面へ久し振りの旅に出る。鳳来寺でブッポウソウの鳴き声に親しむ。
九月、千本松原伐採問題について、反対演説を行う。同月、妻と共に北海道へ半折旅行に出かける。
昭和2年(43歳) 揮毫行脚に終始した一年。
二月、体調が優れないので、禁酒を試みる。長くは続かず。
三月、裾野市に住む鈴木秋灯を誘い、箱根仙石原に出かける。
四月、富士山麓の佐野へ行く。翌日妻子を呼び寄せ、近くを散策する。
五月、朝鮮半島へ半折旅行に出かける。終わると坪谷に帰省。母との最後の面会となる。過酷な日程は、確実に牧水の生命を削っていった。
昭和3年(44歳) 一月、三島大社に参拝。
二月、最初で最後の選挙演説を行う。
五月、新調したマントを着て、西伊豆方面に行く。
八月、山梨の下部温泉に出かけたが、混雑のため二日で帰宅。最後の旅となる。
九月十七日、沼津の自宅にて永眠。急性腸胃炎兼肝臓硬変症。遺骨は沼津乗運寺に埋葬。法名は古松院仙誉牧水居士。