展示室の様子(2)

 

 

 (展示正面)

                                             

 

 

 遺墨」コーナー

 牧水直筆の歌百首を綴じた「百首歌鈔」には、晩年の揮毫で用いなかった破調の歌などが見られる。
 牧水が晩年まで愛誦したボードレールの詩「旅」の一節を書した短冊も展示している。